Home嘉手納基地ニュース

Kadena Air Base

ニュース ・ 新型コロナウイルス関連

 

嘉手納基地の皆さん、基地への立ち入りと基地内外における行動に関して、第18航空団司令官は追加制限を指示しました。

 

基地への立ち入りは、以下のように制限されます。

 

任務に不可欠でない訪問者(例:家族、友人、その他の近しい間柄の者等)は、嘉手納基地への立ち入りが制限されます。例外的な措置は、各自の指揮系統内の少佐・中佐(または中隊副司令官の階級以上の者と同等な米国民間人従業員)による許可が必要となります。

 

任務に不可欠とされるMLCIHA従業員は、小隊司令官の階級以上の者が署名した特別立ち入り許可を所持して嘉手納基地に立ち入ることができます。

 

現在、嘉手納基地で業務を行っている全ての民間契約業者に対し、具体的な契約内容が記載された文書が発行されます。この文書は、彼らの各契約官(または契約官の代表者)から提供されます。各民間契約業者は、この文書のコピーとDBIDSIDカードを常時携帯しなければなりません。

 

民間契約業者(地位協定上の地位を有しない者)は、契約上指定された職場・納入場所に直接向かうことができますが、契約上指定された業務を行った後、直ちに基地から出域しなければなりません。民間契約業者は基地内の飲食施設に立ち入ることはできません。立ち入る場合は、各自の契約官の承認が必要となります。

 

83()から、嘉手納基地に入るすべての者に対して健康チェックが実施されます。以前と同様、各職場においては職員の時差出勤が求められます。詳細については、各監督者などに問い合わせてください。

 

下記の基地の外での活動や事項は引き続き制限されます。

 

クラブ、バー、ラウンジ、パチンコ店、カラオケボックス等への入店

フリーマーケット、コンサート、祭り、人が密集するイベント、大勢での集会

レストランでの食事や入店してのテイクアウト(店の外での受け取り・ドライブスルーは可)

公共交通機関の利用(バス、電車、フェリー、モノレール)

*タクシーの利用は許可されます。基地への出入りが許可されているベースタクシーの基地内・外での利用は可能です。

ジム、フィットネスクラブ、クロスフィット等の施設の利用

生活必需品以外の買い物

タトゥショップ・マッサージ店

理容室・美容室・ネイルサロン・スパ(MLC/IHA/民間契約業者は基地の外の理容室・美容室の利用は可)

 

基地の外のチャイルドケア・学校への通園・通学は引き続き可能です。

 

嘉手納基地における施設やサービスについては、フェイスブック、カデナコネクト・アプリ、関連施設やサービスの公式ホームページ(:FSSAAFESDeCA)を確認してください。すべての者は掲示されている感染防止対策を順守してください。

 

PCR検査は、714日以降、海外から到着する嘉手納基地関係者全員に義務付けられています。

全ての軍人、米国民間人従業員、およびその家族は、移動制限 (ROM) 10日目以降に検査することが必要となり(12日目以降と定めたこれまでの指針からの変更)、これは即時発効となります。陰性の検査結果をもって移動制限解除となりますが、移動制限期間として定められている14日間より早く解除されることはありません。

 

新型コロナウィルス感染拡大の状況を真摯に受け止め、嘉手納基地と地域社会を守る為感染予防対策の実施を呼びかけてきました。これまで以上に気を引き締めていかなくてはなりません。ソーシャルディスタンス、マスクの着用、良好な衛生管理を順守してください。さらに、毎日に接触者追跡記録を継続して記入することを忘れないでください。簡単なステップですが、新型コロナウィルス感染拡大を予防するのに不可欠なプロセスです。

 

引き続きフェイスブックページと公式ホームページをご確認ください。詳細や指示内容を確認する場合は各監督者などと連絡を取ってください。これからもお互い助け合っていきましょう。

 

 

 

 

 

・  嘉手納基地移動制限方針

・  嘉手納基地、新型コロナウィルス検査を実施

嘉手納基地行動ガイド(2020年7月)

嘉手納基地行動ガイド(2020年6月)

嘉手納基地行動ガイド(2020年5月)

嘉手納基地行動ガイド(2020年4月)

嘉手納基地ニュース

県内の教員が嘉手納基地で研修

1月30日、沖縄県内の教員がELI英語教育研修に参加するため嘉手納基地に集まりました。2020年4月に、英語が日本の小学校5、6年生の必須科目となることを受け、米国人教員による日本人教員への英語教育研修を行っています。

本事業は2018年5月に、外務省、米国国務省並びに国防省教育局の共催のもとスタートしました。県内各地から30人の教員およびALTが2日間の研修を受けました。

詳細はこちらをクリック!

 

フォロワーから友達へ:嘉手納基地日本語ツイッターのフォロワーの皆さんが基地見学ツアーに参加

嘉手納基地-アルコール探知機、リサイクルセンター、ゴーカート、MC-130JコマンドⅡ。これらの共通点とは?

正解は、嘉手納基地見学ツアーに参加した35名以上の皆さんが目にした物です。参加者の皆さんは同ツアーを通じて、嘉手納基地第18航空団による飲酒運転防止への取り組み、環境管理、地元機関との連携、世界レベルの航空力について説明を受けました。

詳細はこちらをクリック!

 

友達・パートナー・同盟 チーム・カデナと沖縄市が「トランク・オア・トリート」

アメリカの伝統であるハロウィーンの日を祝うため、嘉手納基地のアメリカ人ボランティアが沖縄市にある「沖縄こどもの国」で10月26日、トランク・オア・トリートというイベントを開催しました。子供たちは、ハロウィン仕様に飾りつけた車のトランクのそばに立ち仮装したアメリカ人家族からお菓子をもらい、ゲームをし、一緒に写真を撮るなど、イベントを楽しみました。参加した沖縄市の與那嶺克枝副市長は、「お隣と交流する機会であり、こういった機会を通して英語の文化に触れることができ、身近に親しめる」と話しました。アメリカ人ボランティアは、地元の皆さんにアメリカの伝統や風習を紹介することで、日米相互理解の向上に努めます。 「今回参加したのは、日本人とアメリカ人が一緒に参加できるイベントが大好きだからです」と話すのはボランティアのセコヤ・キンゼイ三曹。「子供たちが仮装してハロウィーンを楽しんでいる様子を見てうれしく思います。」

詳細はこちらをクリック!

ソーシャルメディア

Twitter
32,453
Follow Us